ボトックス注射をするとエラが張った顔がスッキリ小顔になる!

注射器

エラ張りの原因は咬筋のコリ

食いしばりや歯ぎしりが多いと咬筋が凝ってしまいます。エラの張りは咬筋のコリが原因です。ボトックス注射をすると咬筋のコリを解してくれるので、自然とエラ張りが目立たなくなり、自然と顔が細くなります。

詳しく見る

女性

副作用が出ることもある

エラが張っている部位を注射するだけで、小顔になれるボトックスですが副作用が全くないわけではありません。注入する量を間違えると筋肉が麻痺して、表情筋が動かなくなります。副作用が起きないようにする為にはクリニックを慎重に選ばないといけません。

詳しく見る

医者

やってはいけない行動

エラ部分など顔にボトックスを注入した後は、医師に施術後のケア方法を相談しましょう。アフターケアを間違えてしまうと顔が歪んでしまったり、腫れたりする恐れがあるからです。アフターケアも知ることで副作用が出るのを防ぐことができます。

詳しく見る

カウンセリング

注射だけでエラが改善

ボトックス注射以外で確実にエラを改善できる方法は、咬筋とエラ部分にある骨の切除手術です。効果は半永久的なのですが、顔に腫れや痛みが伴うことがあります。ボトックス注射であれば体に負担をかけることなく、治療することができます。

詳しく見る

看護師

ボトックス治療の流れ

エラ部分にボトックス注射をする前にまずはカウンセリングを行います。ボトックスは誰でも受けられる施術ではありません。自分の体とボトックスの相性が悪いと副作用が出る恐れがありますので、施術を受ける前に必ず医師に相談しましょう。

詳しく見る

エラを目立たなくする

カウンセリング

ボトックスで顔のエラが改善できる

ボトックスとは、ボツリヌス菌から毒を抜いて作られた成分です。筋肉の過剰な働きを抑えることで、顔をスッキリさせ、しわが目立たない肌へと導いてくれます。顔のエラを改善するには毎日顔のマッサージをするか、手術をしてエラを削ってもらう方法があります。でも、毎日顔のマッサージをしても効果が出るまで時間がかかりますよね。エラを削る手術ですと費用がかかりますし、顔に傷跡が残らないか不安です。ボトックスであれば、顎のエラに注射をするだけで良いので、大きな傷跡を残すことなく、痛みもほとんどありません。腕の良い医師にお願いをすれば顔が腫れることもないので、入院も不要です。注射をして2週間ぐらいでエラが目立たなくなり、少しずつ顔が細くなるので、周囲にプチ整形をしたことを気づかれずに済みますよ。エラができる原因は咬筋が発達しているからです。咬筋の動きが激しいと筋肉が発達してしまい、その結果、顔のエラが目立ちやすくなり、顔も大きく見えてしまうのです。骨格や遺伝が原因でエラが張っている場合は、エラ削りをしないと改善されないのですが、筋肉の発達が原因であればボトックス注射がおすすめです。ボトックス注射でエラができる原因である咬筋の働きを弱めてくれるので、歯ぎしりや顎関節症の改善も期待できます。治療時間は5~10分程度で終わり、ボトックスを注入後に入浴やメイクをしても大丈夫です。肌を引き締めてくれる効果もあるので、肌トラブルも解決してくれます。ただし、ボトックスの効果は6ヶ月ぐらいしか持続しないと言われていますので、小顔をキープするには年に2、3回ほど注射をする必要があります。持続期間には個人差がありますので、エラがまた目立ってきたと感じたら、医師に相談をして再度治療を受けに行きましょう。ボトックスの効果を持続するには、定期的に治療を受ける必要がありますが、何回か治療を続けていくと効果が長続きします。効果が長く続くようになると効果を高めることができ、注射をする回数もだんだん減っていきますよ。エラ張りを防ぎたい方は、定期的に治療を受けると良いでしょう。ボトックス注射は安全にできる治療法ですが、満足のいく仕上がりになるには医師の腕にかかっています。理想の顔が手に入れるように、何度もカウンセリングを受けて、自分に合ったクリニックを見つけていきましょう。

Copyright© 2019 ボトックス注射をするとエラが張った顔がスッキリ小顔になる! All Rights Reserved.