ボトックス注射をするとエラが張った顔がスッキリ小顔になる!

ボトックス治療の流れ

看護師

カウンセリングをする理由

エラ部分にボトックスを注入する前にまずは、カウンセリングを行います。エラの張り方は人によって異なります。カウンセリングを行うことで、医師にエラの部分を診てもらい、ボトックス注射で改善が可能か確認をします。施術前の不安や希望などを医師に伝えておくと、医師が患者に合った施術を提案してくれます。施術に失敗しないようにするには、医師に自分の要望を伝えることが大事なのです。医師とカウンセリングを受ける前に確認したい事があれば、予めメモに書いておくと効率よくカウンセリングを進めることができます。施術の説明やアフターケアなども説明もしてくれますよ。カウンセリングをしたら、次はボトックス注射をする部位を決定します。エラの張りを改善したいのであれば、咬筋に注射をすることになります。直接注射をする前に動画などを使って、ボトックスを注入する前と注入をした後のシュミレーションを行い、どんな仕上がりになるのか説明してくれます。ここで、副作用やアフターケアについて質問をすると良いでしょう。カウンセリングが終わって、ボトックスを注入する部位が決まったら施術を行います。注射を打てば施術は完了します。注射する部位や数によって施術時間は異なりますが、早くて5分、遅くても15分ぐらいで終わります。エラ張りだと咬筋の動きを弱める為に咬筋に直接注射をしますが、傷跡は目立たないので安心して下さい。顔に注射をすることで、顔が少し腫れたり、軽い内出血が起こってもメイクで隠すことができますので、施術をしたことを周りに知られることはありません。切開はしないので、抜糸をする必要もなく施術後はすぐに自宅に帰ることができます。いつも通りに洗顔や入浴をしても大丈夫ですが、エラの部分にボトックスを注入した場合は、顔を強く擦ったり、ガムや硬いもの食べたりしないようにして下さい。顔に強い刺激を与えてしまうと顔が歪んでしまい、仕上がりの形が崩れてしまう恐れがあるからです。このようにボトックス注射は気軽に受けることができる施術ですが、妊娠・授乳中の方やアレルギー・持病を持っている方は、施術を受けるのはやめた方が良いでしょう。ボトックス注射をしたら、副作用が出る危険性があります。また、保護者の承諾を受けていても未成年は、治療を受けることができません。ボトックス注射は、誰でも受けられる施術ではありませんし、体質によってボトックスが合わず、具合が悪くなったり、効果が出なかったりすることもあります。ボトックス注射をしても問題ないか、確認する為にも医師とのカウンセリングは必ず行わないといけないのです。

Copyright© 2019 ボトックス注射をするとエラが張った顔がスッキリ小顔になる! All Rights Reserved.