ボトックス注射をするとエラが張った顔がスッキリ小顔になる!

副作用が出ることもある

女性

ボトックスの量が多いと顔の筋肉が衰える

ボトックス注射は体に負担がかかる心配のない安全な治療方法です。しかし、体が傷つかない心配はなくても、ボトックスを注入後に副作用が起こることはないのでしょうか?多くの美容クリニックでは、厚生労働省の承認を得たボトックスを使用しています。しかし、患者の体質によってはボトックスの相性が悪くて、副作用が起こる場合もあります。また、注入する部位を間違えたり、注射をする回数が多すぎてしまったりすると顔の状態が悪くなります。ボトックスの使い方を間違えるとどんな副作用を引き起こす恐れがあるのか、知っておくことで副作用が起こるのを防ぐことは可能です。エラ張りを改善するために顔を注射しますが、もし、適量よりも多く注入してもらうと皮膚の下の筋肉が麻痺します。筋肉が麻痺する症状を局所顔面神経麻痺と言います。局所顔面神経麻痺になってしまうと筋肉が硬直してしまうので、顔が歪んで見えてしまうのです。筋肉が麻痺されると表情が思うようにつくることができず、常に無表情になってしまいます。エラ張りが改善されても、顔が歪んでしまっては台無しですよね。筋肉が麻痺して、硬直状態になっていると筋力は低下します。筋力が低下してしまうと筋肉を鍛えることができなくなるので、たるみやシワができやすくなるのです。ボトックスを大量に注入して一度顔の筋肉が衰えてしまうと、ボトックス注射をずっと打ち続けないとずっとたるんだままの顔になってしまいます。表情が不自然になってしまうとすぐに整形をしたことが知られてしまうので、筋肉の低下や麻痺が起こらないようにするには、施術前に医師と相談することが大切です。特にエラやシワなどを改善するために顔にボトックスを注入しようと思っている方は、気をつけないといけません。エラが目立たなくなって、小顔になっても表情筋がうまく動けなくなると魅力も下がってしまいます。顔の状態によっては、ボトックスの効果が薄れた時に施術する前の元の顔に戻ることはありますが、ボトックスの量が多すぎてしまうと元の顔に完全に戻すことが難しくなります。副作用を避けるためには、良いクリニックと悪いクリニックを見極めないといけません。カウンセリングや情報集めをしっかりやった上で、自身にとって良いクリニックを選んでいきましょう。

Copyright© 2019 ボトックス注射をするとエラが張った顔がスッキリ小顔になる! All Rights Reserved.