ボトックス注射をするとエラが張った顔がスッキリ小顔になる!

やってはいけない行動

医者

ボトックス注射をした後のアフターケア

顔にボトックスを注入したら、医師にアフターケアのことを相談することも忘れないようにしましょう。治療後のケア方法を間違えてしまうと効果が薄れて、副作用が出てしまうからです。エラの部分にボトックス注入したのであれば、顔に刺激を与える行動はしないようにしましょう。施術後に入浴をするのは問題ありませんが、注意しないといけないのが熱い湯船につかることです。顔や体を一気に温めてしまうとボトックスが熱で分解され、腫れや出血などの副作用が出やすくなります。どうしても湯船に浸かりたい場合は、ぬるま湯で浸かるようにして下さい。シャワーであれば問題はありません。ただし、シャワーでも熱いお湯で浴びるのは良くないので、いつもの温度よりも低めにしておきましょう。当然、サウナに入るのもダメです。顔を洗っても問題はありませんが、強く擦らないように優しく洗いましょう。なぜなら、強く擦ってしまうとボトックスが注入した部位に浸透せず、治療する必要がない部位にまで成分が広がってしまうとエラを改善することができなくなるからです。エラを目立たなくする効果を高めるために、顔のマッサージも控えた方がいいでしょう。注入後にすぐにマッサージをしてしまうとエラが改善されず、顔の形が歪んでしまう恐れがあります。ボトックス治療を受けた後は、顔や体に刺激を与えないように安静にするのが1番です。エラ部分にボトックスを注入したばかりだと顎や咬筋が鈍くなることもあるようです。顎や咬筋に違和感があれば、噛みごたえのある硬い食べ物を口にするのは控えた方が良いでしょう。飲み物であればアルコールの摂取を避けて下さい。アルコールを飲むと体温が上がってしまうので、注入後の体に良くありません。エラの張りがなくなるまでは、顔を傷つけないようにして欲しいのですが、万が一顔が腫れた時は冷たいタオルで患部を軽く抑えて下さい。数日経ってば腫れは引きますが、注入した部位が悪化するのは避けたいので念のため医師に診てもらった方が安心です。ボトックスの効果が発揮できるようにするには、アフターケアもしっかり行わないといけません。自己判断でケアを行ってしまうと顔の状態が悪くなってしまうので、注入後のアフターケアを知っておくことは大切ですよ。

Copyright© 2019 ボトックス注射をするとエラが張った顔がスッキリ小顔になる! All Rights Reserved.