ボトックス注射をするとエラが張った顔がスッキリ小顔になる!

エラ張りの原因は咬筋のコリ

注射器

エラの張りを作ってしまう原因

エラが張ってしまうのは咬筋のコリが原因です。咬筋とは、食べ物を噛んだ時や歯を食いしばった時に硬くなる筋肉であり、咀嚼筋の一つです。この咬筋が発達しているとエラが張ってしまうのです。歯を食いしばると自分の体重ほどの力がかかると言われているので、歯を食いしばる癖がある方は気をつけないといけません。咬筋を発達しないようにするには、食事をする時以外は咬筋を使わないようにしましょう。歯の食いしばりや歯ぎしりも咬筋を強くしてしまうので、口を閉じている時も上と下の歯を合わせないように隙間をあけて下さい。筋肉が原因でエラが目立ってきたのであれば、咬筋をほぐすマッサージをしたり、固いものを食べないように控えたりすることでエラ張りを防ぐことはできます。もし、今すぐエラ張りを改善したいのなら、ボトックスで治療を受けると良いでしょう。筋肉のコリが原因であれば、筋肉を弛緩するば良いのです。固まっている筋肉にボトックスを注入することで、筋肉を緩めることができます。筋肉が緩められると咬筋のコリがなくなるので、自然と小顔になれますよ。骨格によるエラ張りだとボトックスで改善をするのは難しいですが、咬筋によるエラ張りであれば注射だけで改善をすることができます。咀嚼で既に鍛えられている咬筋でもボトックス注射を打つことで、少しずつ筋肉をほぐし、小さくしてくれます。人によってエラが張っているところは違うので、注入をする前に顔のバランスを確認しなければいけません。片方の歯だけで食べ物を噛んでいる癖がある方だと、片方だけエラが張っていることがあります。食べ物の噛み方も人によって違うので、バランスの良い小顔になるためには、実績豊富な医師に治療をお願いするのが安心です。ボトックスを注入して、3週間~1ヶ月程に効果は出てきます。治療後は、できるだけ咬筋を使わないように食事は柔らかい食べ物を食べるようにし、食いしばりや歯ぎしりをしないように注意して生活をしましょう。体の疲れやストレスによって、食いしばりや歯ぎしりの原因にもなりますので、定期的に運動をしたり、早めに寝るようにしたりするなどしてストレスと疲労を溜め込まないようにして下さい。ボトックス注射をして筋肉を緩めても、必要以上に咬筋を使ってしまうと効果を発揮しにくくなる場合もありますので、咬筋をあまり動かさないようにしましょう。

Copyright© 2019 ボトックス注射をするとエラが張った顔がスッキリ小顔になる! All Rights Reserved.